ルヴァン杯準優勝の札幌、“2mGK”法政大・中野小次郎の21年加入内定を発表!

ルヴァン杯準優勝の札幌、“2mGK”法政大・中野小次郎の21年加入内定を発表!

札幌が中野小次郎の2021シーズン加入内定を発表した

 J1の北海道コンサドーレ札幌は28日、法政大学に所属するGK中野小次郎の2021年シーズン加入内定を発表した。

 中野は徳島ヴォルティスの育成組織出身で、現在法政大学の3年生。200センチの高身長を生かしたセービング技術に優れ、足元の技術も非凡な才能を兼ね備えている。

 同選手のコメントは以下の通り。

■中野小次郎
「この度、北海道コンサドーレ札幌に2021年シーズンから加入することが決まりました、法政大学3年の中野小次郎です。食や文化の豊かな北の大地、北海道・札幌、指導者もチームコンセプトも魅力的なこのチームでプロサッカー選手としてのキャリアをスタートできること、とても誇りに思います。まず感謝したいのは、サッカーを始めてから今まで携わってくれた指導者の皆様、中高6年間お世話になったクラブ、共に切磋琢磨したチームメイト、多くは語らず陰ながら見守ってくれた家族、僕に関わってくれた全ての方々、本当にありがとうございます。そして、これからもよろしくお願いいたします。大学生活は残り1年と少しありますが、2021年シーズン加入に向け、北海道コンサドーレ札幌の選手として皆様に受け入れていただけるよう、準備に最善を尽くしたいと思います。応援よろしくお願いします」

関連記事(外部サイト)