C・ロナウド、メッシと競い合ったレアル時代を想起「真っ当なライバル関係があった」

C・ロナウド、メッシと競い合ったレアル時代を想起「真っ当なライバル関係があった」

メッシ(左)とレアル・マドリードに所属していたC・ロナウド(右) [写真]=Getty Images

 ユヴェントスに所属するポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが、バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシについて言及した。28日付けで、スペイン紙『アス』が報じている。

 共に歴代最多となる5度の“バロンドール”を獲得しているロナウドとメッシ。2009年から2018年にかけてポルトガル代表FWがレアル・マドリードに所属していた頃は、両選手ともリーガ・エスパニョーラでプレーしていたわけだが、ロナウドはメッシとの「真っ当なライバル関係」が自身をより良い選手にしてくれたと信じているようだ。以下のように語っている。

「多くの人々は、僕たちが共にスペインでプレーすることでより良くなったと言っていた。それは確かに、真実だ。マンチェスターにいた時よりも、マドリードでの時間が彼の存在をより感じることができたと思っているよ」

「そこには真っ当なライバル関係があった。僕たちは互いにクラブの象徴として争うことができていたんだ。そして、僕たち2人を最高の選手だと言ってくれることはとても嬉しいことだね」

 現在はイタリアの地で活躍するロナウド。今後、再びメッシと同じピッチで競い合う姿を見ることはできるだろうか。

関連記事(外部サイト)