リヴァプールに惜敗…トッテナム主将ケインは「僕たちは勇敢だった」

リヴァプールに惜敗…トッテナム主将ケインは「僕たちは勇敢だった」

惜敗を悔やんだケインは次戦を見据えている [写真]=Getty Images

 トッテナムのイングランド代表FWハリー・ケインが、1−2で敗戦したプレミアリーグ第10節・リヴァプール戦についてコメントした。イギリスメディア『ザ・サン』が28日に報じている。

 試合は早々にケインが挙げたゴールでトッテナムがリードして折り返したものの、後半に2点を叩き込まれて逆転負けを喫した。試合を振り返ったケインは、「僕たちは少し勇敢だったのかもしれないね。1−2になった時にいくつかチャンスを作ったけれど、手遅れだった」とコメントしている。

「負けた時に決して励まされることはない。僕たちは戦ったけれど、すべての試合でこのレベルを期待しているよ。ゲームに負けたとしても、それは一歩にはならない。一生懸命努力しなければいけないんだ」と、敗戦へのショックを隠せなかった。

 しかし、ケインはこれ以上下を向かない。「期待はずれだね。だから、このような評価をしてどこが改善できるか見ていきたい。それを日曜日のエヴァートン戦に持ち込めることを願っているよ」と次戦を見据えた。

関連記事(外部サイト)