浦和先制もアウェイで広島とドロー…土壇場オウンゴールで勝ち点分け合う

浦和先制もアウェイで広島とドロー…土壇場オウンゴールで勝ち点分け合う

勝ち点1を分け合った(写真は蔚山戦のもの) [写真]=Getty Images

 明治安田生命J1リーグ第31節が29日に行われ、サンフレッチェ広島と浦和レッズが対戦した。

 浦和がAFCチャンピオンズリーグ(ACL)決勝に進出したことにより前倒しになった一戦。前半は両チームとも何度かチャンスを作り出すがゴールラインを越えない。

 後半に入り75分、待望の先制点は浦和に生まれる。岩波拓也がエリアに侵入し、右足を振りぬくと、シュートがゴール左に決まり、浦和が先制した。

 ホームの広島は追いつきたいものの、決定機をつくりだせない。すると88分、浦和の橋岡大樹がスルーパスをクリアするが、個のクリアボールがそのままゴール。土壇場で広島が追いつき同点となった。

 このまま試合は1−1で終了。終了間際で追いついた広島が浦和と勝ち点1を分け合った。

【スコア】
サンフレッチェ広島 1−1 浦和レッズ

【得点者】
0−1 75分 岩波拓也(浦和レッズ)
1−1 88分 橋岡大樹(オウンゴール/浦和レッズ)

関連記事(外部サイト)