イブラの新天地はリーガ? 米メディアが動画を投稿「これから帰るよ」

イブラの新天地はリーガ? 米メディアが動画を投稿「これから帰るよ」

イブラヒモヴィッチは活躍の場を移すのだろうか [写真]=Getty Images

 ロサンゼルス・ギャラクシーに所属する元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモヴィッチが、スペインへの復帰を示唆するともとれるメッセージを公開した。29日、アメリカメディア『Bleacher Report』が伝えている。

 現在38歳のイブラヒモヴィッチは、メジャーリーグ・サッカー(MLS)のロサンゼルス・ギャラクシーに所属。しかし、同クラブとの契約は2019年末で満了。新たな移籍先としてナポリやボローニャといったセリエAのクラブやブラジル1部のフラメンゴなどが候補となっていると報じられていた。

 しかし、同メディアはイブラヒモヴィッチが「やあ、スペインのみんな。聞いてくれ! これから帰るよ」とメッセージを語っている動画を添付し、「イブラヒモヴィッチはリーガ・エスパニョーラに行くのだろうか」とSNSに投稿している。



 イブラヒモヴィッチは、インテルで活躍すると、2009年にバルセロナに加入。翌年にはミランへのローンを経験したため、約1年間リーガ・エスパニョーラでプレーした。果たしてイブラヒモヴィッチはスペインに凱旋し、新天地として選ぶのだろうか、注目が集まる。

関連記事(外部サイト)