インテル、トッテナムDFフェルトンゲンに興味…来夏フリーでの獲得を画策か

インテル、トッテナムDFフェルトンゲンに興味…来夏フリーでの獲得を画策か

トッテナムに所属するフェルトンゲン [写真]=Getty Images

 インテルは、トッテナムに所属するベルギー代表DFヤン・フェルトンゲンの獲得に興味を示しているようだ。28日付けでイギリス紙『ガーディアン』が報じている。

 2012年からトッテナムに在籍しているフェルトンゲンは、今シーズン終了時点で契約満了となる。そのため、インテルは来夏フリーで同選手を迎い入れたいと考えているようだ。

 報道によると、インテルは昨年の夏にも同選手に興味を示していたが、当時は他の選手の移籍金などを考慮し獲得を断念していたという。また、同クラブはフェルトンゲンに3年間の複数年契約を用意しているとされ、今年で32歳のDFにとっては魅力的なオファーになるのではないかとも伝えられている。

 ただ、トッテナムは今シーズン終了時点でデンマーク代表MFクリスティアン・エリクセンとベルギー代表DFトビー・アルデルヴァイレルトも契約満了となるため、フェルトンゲンをそう簡単に手放すとは考えづらい状況だ。

 今シーズンから指揮を執るアントニオ・コンテ監督の下で守備陣を改善し、現在セリエAの2位につけるインテルは、さらなるセンターバックの補強を実現することができるのだろうか。 

関連記事(外部サイト)