メッシ、約120試合少ない出場数でC・ロナウドの記録抜く…クラブ通算608得点

メッシ、約120試合少ない出場数でC・ロナウドの記録抜く…クラブ通算608得点

C・ロナウドの記録を抜いたメッシ [写真]=Getty Images

 バルセロナに所属するアルゼンチン代表FWリオネル・メッシがクラブ通算695試合で608得点を記録し、クラブ通算813試合で606得点という記録を保持していたポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(ユヴェントス)を抜いた。

 メッシは、29日に行われたリーガ・エスパニョーラ第11節バリャドリード戦に先発出場。前半のうちにFKからゴールを挙げると、後半にも追加点を挙げ、2ゴール2アシストという圧巻のパフォーマンスで5−1での勝利に貢献した。

 2004に昇格しトップチームデビューを果たすと、若干17歳でプロ初ゴールを記録。バルセロナのクラブアイコンとして長年活躍を続け、歴代最多タイの5度のバロンドールを含め多くの賞を受賞している。

 C・ロナウドのクラブ通算813試合という記録に比べ約120試合少ない出場記録での更新となった。

 また、メッシは前半に決めたゴールで、ネットを揺らしたFKが46回目に。アルゼンチン代表で揺らした4回と合わせて50得点目という節目の記録となった。

関連記事(外部サイト)