浦和FW武藤雄樹が右肩関節脱臼で戦列離脱…全治約4カ月の診断

浦和FW武藤雄樹が右肩関節脱臼で戦列離脱…全治約4カ月の診断

負傷した武藤 [写真]=Getty Images

 浦和レッズは30日、FW武藤雄樹が負傷により戦列を離脱することを公式サイト上で発表した。

 武藤は、10月18日に行われた明治安田生命J1リーグ第29節大分トリニータ戦に先発出場。しかし、56分に競り合いで右肩を負傷し交代でピッチを後にしていた。

 今回同クラブは、武藤が右肩関節脱臼と診断され、28日に手術を行ったことを発表。全治は約4カ月と見込まれている。

関連記事(外部サイト)