G・ジェズス、バイエルン移籍の可能性を拒否…マンC残留の意思を表明

G・ジェズス、バイエルン移籍の可能性を拒否…マンC残留の意思を表明

G・ジェズスはマンチェスター・C残留を決意したようだ [写真]=Getty Images

 マンチェスター・Cに所属するブラジル代表FWガブリエル・ジェズスはバイエルンへの移籍を拒否した模様だ。30日にイギリス紙『Manchester Evening News』が報じている。

 G・ジェズスは今夏の移籍市場でバイエルンへと移籍する可能性があったようだ。マンチェスター・Cは同選手の退団を拒否するべく、巨額な契約解除金を設定するとも伝えられており、新契約締結に急いでいたという。

 しかし、同紙によるとG・ジェズス本人がマンチェスター・C残留を希望しているようだ。同選手は自身のSNSで移籍報道について「嘘」と一言コメントを残し、プレミア王者残留の意思表示をしていた。

 G・ジェズスは今シーズン、12試合に出場し5ゴール2アシストを記録している。アルゼンチン代表FWセルヒオ・アグエロの後継者として、今後の活躍に期待するファンも多いようだ。

関連記事(外部サイト)