アーセナル、ファンから批判殺到の主将ジャカにカウセリングを提供

アーセナル、ファンから批判殺到の主将ジャカにカウセリングを提供

アーセナルはジャカにカウセリングを提供するようだ [写真]=Getty Images

 アーセナルはクラブのキャプテンを務めるスイス代表MFグラニト・ジャカに対してカウセリングを提供するようだ。29日にイギリスメディア『BBC』が報じている。

 ジャカは27日に行われたプレミアリーグ第10節のクリスタル・パレス戦に出場。2点のリードを失い途中交代を強いられた際に、ファンからブーイングを受けていた。同選手はそれに対してユニフォームを脱ぎながら暴言を吐き、ベンチへは戻らずスタジアム内へと去ってしまった。

 この事態についてクラブを率いるウナイ・エメリ監督はジャカを批判。試合後のインタビューでは「彼は間違っていた」と明確に自身の見解を示し、同選手とは話し合うと述べていた。

 同メディアによると、アーセナルはジャカに対してカウセリングを提供し、精神状態を保つよう取り組みを行う模様だ。そして、エメリ監督は同選手の主将剥奪についてはコメントを述べておらず、今後の状況は不透明なままとなっている。

関連記事(外部サイト)