U−17日本、スコアレスドローで連勝ならず…アメリカと勝ち点1を分け合う

U−17日本、スコアレスドローで連勝ならず…アメリカと勝ち点1を分け合う

[写真]=Getty Images

 FIFA U−17ワールドカップ ブラジル2019・グループステージ第2節が30日に行われ、U−17日本代表とU−17アメリカ代表が対戦した。

 前節、オランダに3−0で快勝スタートを切った日本はスタメンを2人変更。1ゴール2アシストを記録した西川潤に代わり唐山翔自を、田中聡に代わり田村蒼生をそれぞれ起用した。

 前半は互いに譲らず、スコアレスで試合を折り返すと後半開始早々、アメリカにシュートのこぼれ球を流し込まれるも、オフサイドの判定でゴールは認められず。

 60分には途中出場の西川が得意の左足を振り抜くも、シュートはクロスバーの上に外れた。71分には再び西川が決定機を迎えるも、シュートはゴール左に外れ得点ならず。さらに、73分には若月大和がヘディングシュートを放つも、相手GKのファインセーブに阻まれた。

 試合はこのまま0−0でタイムアップ。互いに勝ち点1を分け合った。次節、日本はU−17セネガル代表と、アメリカはU−17オランダ代表と対戦する。

【スコア】
U−17日本代表 0−0 U−17アメリカ代表

【得点者】
なし

【スターティングメンバー】
■日本(4−4−2)
鈴木彩艶;畑大雅、鈴木海音、半田陸、中野伸哉;成岡輝瑠、田村蒼生(87分 角昂志郎)、藤田譲瑠チマ、三戸舜介(74分 中野桂太);唐山翔自(57分 西川潤)、若月大和

関連記事(外部サイト)