久保建英は移籍後初の出番なし…マジョルカ、2度のリードを追いつかれドロー

久保建英は移籍後初の出番なし…マジョルカ、2度のリードを追いつかれドロー

マジョルカに所属する久保建英(写真は10月27日のレガネス戦)[写真]=Getty Images

 リーガ・エスパニョーラ第11節が10月31日に行われ、日本代表MF久保建英が所属するマジョルカとオサスナが対戦した。久保は4試合連続のベンチスタートとなり、移籍後初めて出番なしとなった。

 ホームのマジョルカは21分、ダニ・ロドリゲスがペナルティエリア内で倒されてPKを獲得し、キッカーのラーゴ・ジュニアがゴール左隅に決めて先制に成功した。25分にもチャンスを迎え、右CKでニアのアントニオ・ライージョが頭で合わせたが、ループシュートはクロスバーに跳ね返された。

 1点リードで折り返したマジョルカは52分、ラーゴ・ジュニアが抜け出したが、エリア右から放ったシュートは枠外。一方のオサスナは56分、右サイドからのクロスにダルコ・ブラシャナツが頭で合わせたが、これはGKにキャッチされた。

 オサスナは69分、左サイドでパスを受けたマルク・カルドナがドリブル突破。相手3人を置き去りにしてエリア中央から右足でゴール左隅に流し込んで同点に追いついた。しかしマジョルカは75分、相手DFファクンド・ロンカリアのハンドでPKを得ると、キッカーのサルバ・セビルがゴール中央に蹴り込んで勝ち越しに成功した。

 再びリードを許したオサスナだったが、直後の77分にペルビス・エストゥピニャンが左サイドからクロスを上げると、ファーのルベン・ガルシアが狙いすましたヘディングシュートをゴール左上隅に決めて、再び同点に追いついた。試合はこのまま終了し、マジョルカとオサスナは勝ち点1を分け合った。

 次節、マジョルカは11月3日にアウェイでバジャドリードと、オサスナは同日にアウェイでアラベスと対戦する。

【スコア】
マジョルカ 2−2 オサスナ

【得点者】
1−0 21分 ラーゴ・ジュニア(PK/マジョルカ)
1−1 69分 マルク・カルドナ(オサスナ)
2−1 75分 サルバ・セビル(PK/マジョルカ)
2−2 77分 ルベン・ガルシア(オサスナ)

関連記事(外部サイト)