中国移籍の可能性が再浮上も…ベイルの代理人はレアル残留を示唆

中国移籍の可能性が再浮上も…ベイルの代理人はレアル残留を示唆

中国移籍の可能性が再浮上しているレアル・マドリードのベイル [写真]=Icon Sport via Getty Images

 レアル・マドリードのウェールズ代表FWギャレス・ベイルは、スペイン残留を希望しているようだ。イギリスのサッカー誌『FourFourTwo』が10月31日に伝えている。

 今夏の移籍市場で中国スーパーリーグの江蘇蘇寧への移籍が近づいていたベイル。最終的に移籍は成立しなかったが、ここにきて再び中国移籍の可能性が浮上している。

 しかし、ベイルの代理人を務めるジョナサン・バーネット氏は中国移籍の可能性を否定。ベイル本人がレアル・マドリード残留を希望しているとコメントした。

「ギャレスはレアル・マドリードでのプレーを大いに喜んでいる。中国? 耳にした全てのことを信じてはいけないよ」

関連記事(外部サイト)