リヴァプールDFマティプがマンC戦も負傷欠場へ…クロップ「2週間以上かかる」

リヴァプールDFマティプがマンC戦も負傷欠場へ…クロップ「2週間以上かかる」

リヴァプールの好調を支えるDFマティプ [写真]=Getty Images

 リヴァプールに所属するカメルーン代表DFジョエル・マティプは2週間以上の離脱を強いられるようだ。イギリスの地元紙『リヴァプール・エコー』が11月1日に伝えた。

 現在28歳のマティプは今シーズンこれまで公式戦10試合に出場。相棒のオランダ代表DFフィルジル・ファン・ダイクとともに守備の要としてチームの好調を支えてきた。しかし、10月20日に行われたプレミアリーグ第9節のマンチェスター・U戦(1−1の引き分け)にフル出場して以降、右ひざの負傷により離脱が続いている。

 ユルゲン・クロップ監督は、11月2日のプレミアリーグ第11節アストン・ヴィラ戦に向けた前日会見でマティプの状況について言及。「まだ数週間はかかる。2週間以上だ」と明かした。

 そのため、マティプは2日のアストン・ヴィラ戦に加えて、5日のチャンピオンズリーグ・グループステージ第4節のヘンク戦、そして10日のプレミアリーグ第12節のマンチェスター・C戦も負傷欠場が決定的となった。

関連記事(外部サイト)