コラシナツ、今季リーグ戦1試合出場のエジルに言及「不満を感じているが…」

コラシナツ、今季リーグ戦1試合出場のエジルに言及「不満を感じているが…」

エジルの現状に言及したコラシナツ [写真]=Getty Images

 アーセナルに所属するボスニア・ヘルツェゴヴィナ代表DFセアド・コラシナツが、同クラブ所属の元ドイツ代表MFメスト・エジルの現状について言及した。イギリス誌『FourFourTwo』が1日に報じている。

 エジルは今シーズン、プレミアリーグでわずか1試合の出場に留まっている。30日に行われたカラバオ・カップ4回戦リヴァプール戦で、エジルは先発出場を果たしたものの、この試合が今季公式戦3試合目の出場となっている。同僚のコラシナツは、エジルの現状について次のように言及した。

「メストは本当に熱心な選手だ。彼は今のところ、少し不満を感じているが、彼がトレーニングをしている時はそのように見えないだろう。彼はできる限りのことをしているし、自分が必要なレベルに達するために、追加の練習を行っているよ」

「メストはメストだ。彼は多くの特別な資質を持っていて、ピッチ上や試合中で多くの違いをもたらす。誰もが彼の質の高さを知っているし、僕達はそれを見てきた。彼はヨーロッパのトッププレーヤーの一人であり、多くのことを成し遂げることができ、チームを助けることができると思っているよ」

 現在31歳のエジルは、2013年夏にレアル・マドリードから加入。昨季までクラブ公式戦231試合に出場して43得点を記録している。また、シャルケから加入したコラシナツは現在26歳。2017−2018シーズンからアーセナルでプレーして、昨季までクラブ公式戦72試合に出場している。

関連記事(外部サイト)