フィテッセ、練習参加の本田圭佑を獲得か…恩師が希望「2日以内に答えを期待」

フィテッセがMF本田圭佑の獲得に動いていると報道 CSKAモスクワ時代の指揮官が監督

記事まとめ

  • オランダ1部のフィテッセが、練習に参加しているMF本田圭佑の獲得に動いていると報道
  • CSKAモスクワ時代の指揮官でフィテッセのレオニード・スルツキー監督が望んでいるよう
  • 指揮官は取材に対して「話しているところだ」と本田との交渉を明言している

フィテッセ、練習参加の本田圭佑を獲得か…恩師が希望「2日以内に答えを期待」

フィテッセ、練習参加の本田圭佑を獲得か…恩師が希望「2日以内に答えを期待」

5月にメルボルン退団後フリーが続く本田圭佑 [写真]=Getty Images

 オランダ1部のフィテッセが、10月31日から練習に参加しているMF本田圭佑の獲得に動いているようだ。オランダ紙『デ・テレグラーフ』が11月1日に報じた。

 本田のCSKAモスクワ時代の指揮官で、2018年夏からフィテッセを率いるレオニード・スルツキー監督が獲得を望んでいるようだ。1日の練習後、指揮官は同紙に対して「話しているところだ」と本田との交渉を明言。「この2日以内にケイスケからの答えを得ることを期待している。彼は複数のポジションでプレーできるから、うまく彼を起用できる」とコメントしたという。

 フィテッセはエールディヴィジ第11節を終えて、7勝2分け2敗で4位と好調。だが、これまでベルギー人MFチャーリー・ムソンダやナイジェリア人FWヒラリー・ゴングが長期離脱を強いられ、最近もモロッコ人FWウサマ・タンナーヌが負傷するなど、攻撃陣に離脱者が続出していた。

 また、スルツキー監督は、本田が実質的な監督を務めるカンボジア代表での活動にも理解を示しているようで、「ケイスケがインターナショナルマッチでプノンペンに行かなければいけないが、どのみち我々も試合がない」とコメントしたようだ。

 現在33歳の本田は、海外挑戦をスタートさせたオランダのVVVフェンロから2010年1月にロシアのCSKAモスクワに移籍。2014年1月までスルツキー監督のもとで127試合に出場し、28ゴールを記録した。

関連記事(外部サイト)