「ゴミ箱送り」「ベンチ要員」…地元メディアが久保建英の現状を憂う

「ゴミ箱送り」「ベンチ要員」…地元メディアが久保建英の現状を憂う

[写真]=Getty Images

 今夏、FC東京からレアル・マドリードに完全移籍、さらに1部リーグで経験を積むためマジョルカに期限付き移籍した久保建英。期待の大きさの半面、マジョルカではいまだビセンテ・モレノ監督から完全な信頼を得られておらず、10月31日のラ・リーガ第11節オサスナ戦はベンチ入りしながら出番なしに終わった。そんな久保の現状について、地元スペインの複数のメディアが伝えている。

「マジョルカが久保をゴミ箱送り」
 レアル・マドリードとバルセロナの情報を伝えるWEBメディア『Madrid-Barcelona.com』は「風船はしぼんだのか? マジョルカが久保をゴミ箱送り」という見出しを打ち、久保への期待を風船に例えてこのように報じた。

「久保への期待はマドリードで大きく膨らんだ。彼らは“メッシの再来”を手に入れたという確信を得たいと考えているが、現状でそれは達成できていない」

 さらに「指揮官は彼を戦力とみなし、時間を与えたが、レアルが期待したような形には進んでいない」とし、「非常に悪い方向に進んでいると言わざるを得ない」とまで論じている。

「現時点ではマーケティング要員」とも

 また、『SPORT』の電子版は「久保、レアル・マドリードのスター契約選手からマジョルカのベンチ要員へ」という見出しの記事の中で、レアルのプレシーズンキャンプで注目を集めたことや、1部リーグでの経験を積むためマジョルカに期限付き移籍したこと、メスタージャでのバレンシア戦でデビューしたこと、アスレティック・ビルバオ戦でPKを獲得したことなどを紹介。

「(久保は)ゆっくり前進しなければならない」というモレノ監督のコメントを紹介する一方で、「現時点で彼はスポーツ面よりも日本でのマーケティング拡大やビジネスの側面でマジョルカに貢献している」としている。

 10月下旬には来シーズンのレアル復帰の可能性が現地で報じられたが、実現のためには現状を打破する必要があるだろう。

関連記事(外部サイト)