マンC指揮官の“口撃”を受け…クロップ監督がダイブ疑惑のマネを擁護「接触はあった」

マンC指揮官の“口撃”を受け…クロップ監督がダイブ疑惑のマネを擁護「接触はあった」

マネ(右)のプレーを擁護したクロップ監督(左) [写真]=Getty Images

 リヴァプールのユルゲン・クロップ監督は、シミュレーションを行ったとの判定でイエローカードを受けた同クラブのセネガル代表FWサディオ・マネを擁護した。2日、イギリス紙『メトロ』が報じている。

 2日に行われたプレミアリーグ第11節アストン・ヴィラ戦で、マネは故意にペナルティーエリア内で倒れたとしてイエローカードを掲示された。なお、試合は1点のビハインドを背負っていたリヴァプールが、終盤に驚異の粘りを披露。アンドリュー・ロバートソンが87分に同点ゴールを決めると、94分にはマネが決勝点をもぎ取り、2−1と逆転勝利を収めた。

 次節は、勝ち点「6」差をつけている2位のマンチェスター・シティと対戦する首位のリヴァプールだが、ライバルクラブは早くも“場外戦”を仕掛けているようだ。マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督は、アストン・ヴィラ戦のマネの行為に言及しつつ、以下のように述べた。

「彼はダイブをすることがある。そして、試合の最後の最後で信じられないようなゴールを決める才能も持っている。彼には様々な能力があるよ」

 敵将のこの発言を受けて、クロップ監督は教え子を擁護。たしかに接触はあり、シミュレーションではなかったと主張した。

「一連のプレーで、マネはイエローカードをもらった。後ろからの接触はあったからダイブではないと考えているけど、判定は受け入れなければならないね」

 プレミアリーグを代表する2クラブは、すでに直接対決の前から火花を散らしているようだ。

関連記事(外部サイト)