川崎MF中村憲剛が左ひざの前十字靱帯を損傷「復帰に向けて焦らず…」

川崎フロンターレMF中村憲剛が左ひざの前十字靱帯を損傷 サンフレッチェ広島戦で接触

記事まとめ

  • 川崎フロンターレのMF中村憲剛がブログで左ひざの前十字靱帯を損傷したことを明かした
  • 中村は、明治安田生命J1リーグ第30節のサンフレッチェ広島戦で相手選手との接触し負傷
  • 中村は今シーズンはピッチには立てないといい「復帰に向け焦らず頑張りたい」と綴った

川崎MF中村憲剛が左ひざの前十字靱帯を損傷「復帰に向けて焦らず…」

川崎MF中村憲剛が左ひざの前十字靱帯を損傷「復帰に向けて焦らず…」

自身の公式ブログで負傷を発表した中村憲剛 [写真]=Getty Images

 川崎フロンターレのMF中村憲剛が、3日に自身の公式ブログで左ひざの前十字靱帯を損傷したことを明かした。

 中村は、2日に行われた明治安田生命J1リーグ第30節の広島戦で、相手選手との接触により負傷。担架で運ばれてピッチを後にしていた。

 試合から1日が経ち、中村は公式ブログで以下のようにコメントを発表している。

「昨日の試合後に診断を受けました。前十字靭帯の損傷でした。やった瞬間から覚悟はしてましたが、実際に告げられると色々なことが頭を駆け巡りました。正直この年齢でこのケガをするとは夢にも思いませんでしたが、あのプレーに後悔はないですし、起きてしまったことにあれこれ言ってももうしょうがないので今は前向きにこのケガに向き合って行こうと思ってるところです。今シーズンは残念ながらもう同じピッチには立てませんが、しっかりチームをサポートしていきたいと思います。そして来シーズンの復帰に向けて焦らず頑張りたいと思います。フロンターレは残り4試合です。昨日のように熱い後押し引き続きよろしくお願いします!!」

関連記事(外部サイト)