遠藤航がドイツデビュー!…シュトゥットガルト移籍後11戦目で初出場

シュトゥットガルトの日本代表MF遠藤航がドイツデビュー 移籍後11戦目で初出場飾る

記事まとめ

  • シュトゥットガルトに所属する日本代表MF遠藤航が、3日のドレスデン戦に途中出場した
  • 遠藤は今夏ベルギー1部のシント・トロイデンから、ドイツ2部のチームにレンタル移籍
  • ベンチとメンバー外が続き、公式戦11試合目で移籍後初出場、ドイツデビューを飾った

遠藤航がドイツデビュー!…シュトゥットガルト移籍後11戦目で初出場

遠藤航がドイツデビュー!…シュトゥットガルト移籍後11戦目で初出場

シュトゥットガルトにレンタル移籍中の遠藤航(写真は8月23日のアウエ戦)[写真]=Bongarts/Getty Images

 シュトゥットガルトに所属する日本代表MF遠藤航が、3日に行われたブンデスリーガ第2部のドレスデン戦に89分から途中出場し、ドイツデビューを飾った。

 ホームのシュトゥットガルトは開始3分にオウンゴールで先制すると、38分にMFサンティアゴ・アスカシバルが追加点。52分にPKを与えて1点を返されたが、84分にFWサイラス・ワマンギトゥカがダメ押しゴールを挙げて、3−1で勝を収めた。シュトゥットガルトは連敗を3で止めて、4試合ぶりの白星となった。

 遠藤は今夏にベルギー1部のシント・トロイデンからドイツ2部のシュトゥットガルトにレンタル移籍。8月17日に行われたブンデスリーガ2部第3節のザンクト・パウリ戦で移籍後初のベンチ入りを果たしたが、その後はベンチとメンバー外が続き、公式戦11試合目で移籍後初出場を果たした。

関連記事(外部サイト)