前節殊勲の決勝弾のウォーカーが首位決戦に意気込み「3ポイントを取るしか…」

前節殊勲の決勝弾のウォーカーが首位決戦に意気込み「3ポイントを取るしか…」

前節決勝ゴールを決めたウォーカー [写真]=Getty Images

 イングランド代表DFカイル・ウォーカーが、プレミアリーグ第12節リヴァプール戦に向けてコメントした。4日、イギリス紙『デイリー・ミラー』が報じている。

 マンチェスター・シティは、2日の第11節サウサンプトン戦では試合終盤のウォーカーのゴールで勝ち越し何とか勝ち点3を得たものの、今季はここまでですでに2敗を記録と、波に乗ることができていない。対して、昨季優勝を争ったリヴァプールは、現在10勝1分けと圧倒的な強さを見せて首位を独走しており、シティがその背中を追いかけている。そして10日には、ついにその直接対決を迎えることとなる。

 勝ち点6差が開くライバルとの対戦を前に、前節決勝点を決めたウォーカーがコメントを残した。

「プレミアリーグにはまだまだ試合が残されている。明らかに多くの人はタイトルレースについて語っているけど、フットボールではどんなことも起こりうるんだ」

「僕たちはやるべきことを続けなければいけないし、実際には3ポイントを取り続けることしかできないんだ」

関連記事(外部サイト)