ドルトムントは140億円を要求も…レアル、サンチョ獲得レースに参戦へ

ドルトムントは140億円を要求も…レアル、サンチョ獲得レースに参戦へ

複数クラブから関心をもたれているサンチョ [写真]=Getty Images

 レアル・マドリードがドルトムントに所属するイングランド代表MFジェイドン・サンチョ獲得に動いているようだ。4日、イギリス紙『デイリーメール』が伝えている。

 2000年生まれで現在19歳のサンチョは、2017年夏にマンチェスター・Cの下部組織からドルトムントに移籍。昨季はブンデスリーガで全34試合に出場し、12ゴール17アシストを記録した。昨年10月にはドルトムントとの契約を2022年6月30日まで延長したが、今季ブンデスリーガ第10節終了時点で、8試合に出場し3ゴール6アシストを記録している同選手へのビッグクラブからの関心は続いている。

 ドルトムントはサンチョの移籍金として少なくとも1億ポンド(約140億円)を要求するようだが、マンチェスター・Uはこの金額を準備して来夏の獲得に動いていることが報じられている。さらに同紙によると、レアル・マドリードもサンチョ獲得に動いている模様で、争奪戦となりそうだ。

関連記事(外部サイト)