「ここに残るために全力を尽くす」…イカルディ、PSGへの完全移籍を希望

「ここに残るために全力を尽くす」…イカルディ、PSGへの完全移籍を希望

PSGへの完全移籍を希望していると明かしたイカルディ [写真]=Icon Sport via Getty Images

 インテルからパリ・サンジェルマン(PSG)へレンタル移籍中のアルゼンチン代表FWマウロ・イカルディは、PSGへの完全移籍を希望しているようだ。イギリス紙『デイリーメール』が4日に伝えている。

 イカルディは今夏、インテルからPSGへ移籍。契約は2020年6月30日まで1年間のレンタル移籍と発表されている。同選手は今シーズンの公式戦で8試合に出場し、7得点を記録するなど新天地で好スタートを切った。

 イカルディの契約には6000万ポンド(約84億1600万円)の買い取りオプションが付随している模様。そんな中、イカルディはPSGへの完全移籍を強く希望していると語った。

「シーズンの終わりに私が残っているか見てみよう。良いことをしたい。そのために来たんだ。PSGは世界でも最高のチームのひとつで、PSGのようなチームのためにプレーすることは非常に重要だ」

「これは私のキャリアにおける大きな一歩だ。ここに残るために全力を尽くしたい」

 また、イカルディはポジションを争うウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニとも共存が可能であるとコメントした。

「私は昔からエディ(カバーニの愛称)を知っている。我々はずっとイタリアにいたからね。エディはPSGで歴史を築いた素晴らしい選手であり、多くのことを成し遂げてきた」

「エディと私はストライカーだ。監督が決断すれば、一緒にプレーすることもできる。しかし、決断を下すのは私ではない。それを決めるのは監督であり、それが彼の仕事だ」

関連記事(外部サイト)