CASがチェルシーの移籍禁止処分を審理…20日に公聴会に開催へ

CASがチェルシーの移籍禁止処分を審理…20日に公聴会に開催へ

チェルシーは移籍禁止処分を受けている [写真]=Getty Images

 FIFAによるチェルシーの補強禁止処分に関する審理が20日に行われるようだ。イギリスメディア『スカイスポーツ』が伝えている。

 チェルシーは2月、国際サッカー連盟(FIFA)から18歳未満の選手とサインする際のルールに違反したとして、来夏までの補強禁止処分が下されていた。

チェルシーはこの決定を不服とし、FIFAに異議申立てを行ったが撤回されなかったためスポーツ仲裁裁判所(CAS)に対して処分の軽減を求め控訴していた。

 同メディアによるとCASは20日に公聴会を開催し、控訴について審理するようだ。

 なお、チェルシーは先日、FIFAの審議委員会から約70名の未成年選手に関し150にも上る規則に反していると述べられており、また第三者が選手に影響を与えたとして47万ポンド(約6500万円)の罰金処分を言い渡されたという。

 この件について同クラブは4月にFIFAに異議申し立てを行うようだ。レジェンドであるフランク・ランパード監督の下で好調を維持しているチェルシーだが、はたしてこれらの問題を解決することができるのだろうか。

関連記事(外部サイト)