ジダン監督、同胞エンバペの将来について注目発言「彼の夢は…」

ジダン監督、同胞エンバペの将来について注目発言「彼の夢は…」

[写真]=Getty Images

 レアル・マドリードを率いるジネディーヌ・ジダン監督が、現地時間11月6日に行われるUEFAチャンピオンズリーグ・グループステージ第4節ガラタサライ戦の前日会見に登壇。パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するフランス代表FWキリアン・エンバペについて注目の発言をした。スペイン紙『MARCA』の電子版などが伝えている。

「将来を決めるのは彼自身」のコメントに続けて…

 先日、元モナコ副会長のバディム・バシリエフ氏がエンバペと2017年に交わした会話を公表した。当時モナコ所属だったエンバペはレアルへの移籍が取り沙汰されたが、本人が「まだ早すぎる。フランスでまだ1年しかプレーしていないし、こんな形で母国を去りたくない。この国で偉大なプレーヤーになりたい」と語り、PSGへの移籍を決断したという。

 バシリエフ氏によると、エンバペはその会話の流れで「レアル・マドリードは(偉大なプレーヤーになるのを)待ってくれるだろう」と語ったそうだが、ジダン監督はこの件について記者から問われ、次のように答えた。

「彼の将来を決めるのは彼自身だ。彼は現時点でPSGの選手であり、将来どうなるのか見守るしかない」

 エンバペの現状を尊重したジダン監督だが、続けてこのように語り、エンバペのレアル移籍に期待を寄せた。

「いつも言っているとおり、彼の夢はいつの日かレアル・マドリードでプレーすることだ」

 ジダン監督からの“ラブコール”とも取れるこの発言。果たしてエンバペの“夢”はいつの日か実現するのだろうか。

関連記事(外部サイト)