リヴァプールが公式声明を発表…クラブW杯とカラバオ杯に向け2チーム編成へ

リヴァプールが公式声明を発表…クラブW杯とカラバオ杯に向け2チーム編成へ

12月のクラブW杯とカラバオ杯を2チームで戦うリヴァプール [写真]=Getty Images

 リヴァプールは、別大陸での連日の開催が予定されているFIFAクラブワールドカップ2019準決勝とカラバオ・カップ準々決勝に向け、2チームを編成して臨むことを明らかにした。5日、リヴァプール公式サイトが発表している。

 リヴァプールは10月30日にカラバオ杯4回戦でアーセナルに勝利し、準々決勝でアストン・ヴィラと対戦することが決定。しかし、昨季チャンピオンズリーグ王者であるリヴァプールは、ほぼ同じ日程で行われるカタール開催のクラブW杯準決勝を控えており、何らかの対応が求められていた。

 クラブはカラバオ杯を主催するイングリッシュ・フットボール・リーグ(EFL)と日程の変更について協議を行ったが、最終的に変更は認められず、12月17日にカラバオ杯、翌日の18日にクラブW杯を戦うことが決まった。そして、リヴァプールは2つの大会に向け、2チームを編成して挑むことを発表した。

 また、クラブは以下のようなコメントを発表した。

「クラブは、この状況が理想的とは言えないものの、大会や他クラブ、そして自分たちにとってはモチベーションを高める要因として、最大の利益となる結果だということをこの機会に強調したいと思います」

「クラブは対応してくれたEFLの努力に感謝したいと思います。私たちは別の日程について話し合いましたが、最終的にスケジューリングの問題やスタッフへの負担から、適切な日程を見つけることはできませんでした」

関連記事(外部サイト)