ソン・フンミン、CL戦の出場はOK「心の痛みを感じているが…」

ソン・フンミン、CL戦の出場はOK「心の痛みを感じているが…」

エヴァートン戦の精神的ダメージから回復したソン [写真]=Getty Images

 トッテナムのマウリシオ・ポチェッティーノ監督が、6日に行われるチャンピオンズリーグ(CL)・グループステージ第4節ツルヴェナ・ズヴェズダ戦の前日会見に臨んだ。5日、トッテナムがクラブ公式サイトで伝えた。

 トッテナムは、先月22日にホームで行われた第3節のツルヴェナ・ズヴェズダ戦で5−0と快勝。グループBで1勝1分1敗の2位に浮上した。しかし、セルビア王者は今シーズンのCLで、本拠地『ライコ・ミティッチ・スタジアム』では予選も含めて5戦無敗を誇っている。また、昨季のCLでは、同スタジアムで王者リヴァプールを2−0と撃破。ポチェッティーノ監督は、“要塞”での戦いは容易ではないだろうと推測した。

「『勝つんだ』というメンタリティを携えて行かなければならない。(試合は)厳しい雰囲気の中で行われ、難しいものになるだろう。CLでは、常にベストを尽くすことが求められる」

 また、ポチェッティーノ監督は、3日に行われたプレミアリーグ第11節エヴァートン戦で、ポルトガル代表MFアンドレ・ゴメスの右足首脱臼骨折を誘発するスライディングタックルをした韓国代表FWソン・フンミンの精神状態についても言及。次のように語り、ツルヴェナ・ズヴェズダ戦に出場できることを明かした。

「A・ゴメスには、もう一度早く回復することを願っていると伝えるよ。それは最も重要なことだ」

「ソニー(ソンの愛称)はOKだ。彼はあの後、ひどくショックを受けていた。(A・ゴメスの)ケガや、レッドカードが出された(※5日に判定の取り消しが決定)ことなど、様々な感情が入り混じっていた。試合のああいう状況は、みんなにとって感情的なものになる。そして数日経って、みんなは再びプレーできるようになったんだ。もちろん、彼(ソン)はみんなと同じように心の痛みを感じているが、彼の状態はとても良いよ」

関連記事(外部サイト)