PSG、バイエルン、ユーヴェのグループステージ突破が確定…日本人は3選手が出場/CL・GS第4節

PSG、バイエルン、ユーヴェのグループステージ突破が確定…日本人は3選手が出場/CL・GS第4節

チャンピオンズリーグ・グループステージ第4節が行われた [写真]=Getty Images

 チャンピオンズリーグ(CL)・グループステージ第4節が5日と6日に各地で行われた。

 今節を終えて決勝トーナメント進出を決めたのは3チーム。グループAではパリ・サンジェルマンがマウロ・イカルディのゴールでクラブ・ブルージュに1−0と勝利を収め、無傷の4連勝で決勝トーナメント進出を決めた。

 グループBでは直近のリーグ戦後にニコ・コヴァチ監督が退任したバイエルンが、オリンピアコス相手に2−0で快勝。こちらも無傷の4連勝でグループステージ突破を決めた。

 また、グループDではユヴェントスが敵地でのロコモティフ・モスクワ戦に2−1と競り勝ち、3位との勝ち点差を7に広げてベスト16入りを確定させた。

 日本人選手はザルツブルクのFW南野拓実、ヘンクのMF伊東純也、ガラタサライのDF長友佑都が先発でプレー。ザルツブルクはナポリと引き分けて決勝トーナメント進出に望みをつないだが、ヘンクとガラタサライはそれぞれリヴァプール、レアル・マドリードに敗れ、グループステージ敗退が決定した。

■グループステージ第4節結果
【グループA】
パリ・サンジェルマン 1−0 クラブ・ブルージュ
レアル・マドリード 6−0 ガラタサライ

【グループB】
バイエルン 2−0 オリンピアコス
ツルヴェナ・ズヴェズダ 0−4 トッテナム

【グループC】
アタランタ 1−1 マンチェスター・C
ディナモ・ザグレブ 3−3 シャフタール

【グループD】
ロコモティフ・モスクワ 1−2 ユヴェントス
レヴァークーゼン 2−1 アトレティコ・マドリード

【グループE】
リヴァプール 2−1 ヘンク
ナポリ 1−1 ザルツブルク

【グループF】
バルセロナ 0−0 スラヴィア・プラハ
ドルトムント 3−2 インテル

【グループG】
ゼニト 0−2 ライプツィヒ
リヨン 3−1 ベンフィカ

【グループH】
チェルシー 4−4 アヤックス
バレンシア 4−1 リール

■グループステージ第4節順位
【グループA】
1位 パリ・サンジェルマン(勝ち点12)☆
2位 レアル・マドリード(勝ち点7)
3位 クラブ・ブルージュ(勝ち点2)
4位 ガラタサライ(勝ち点1)

【グループB】
1位 バイエルン(勝ち点12)☆
2位 トッテナム(勝ち点7)
3位 ツルヴェナ・ズヴェズダ(勝ち点3)
4位 オリンピアコス(勝ち点1)

【グループC】
1位 マンチェスター・C(勝ち点10)
2位 ディナモ・ザグレブ(勝ち点5)
3位 シャフタール(勝ち点5)
4位 アタランタ(勝ち点1)

【グループD】
1位 ユヴェントス(勝ち点10)☆
2位 アトレティコ・マドリード(勝ち点7)
3位 ロコモティフ・モスクワ(勝ち点3)
4位 レヴァークーゼン(勝ち点3)

【グループE】
1位 リヴァプール(勝ち点9)
2位 ナポリ(勝ち点8)
3位 ザルツブルク(勝ち点4)
4位 ヘンク(勝ち点1)

【グループF】
1位 バルセロナ(勝ち点8)
2位 ドルトムント(勝ち点7)
3位 インテル(勝ち点4)
4位 スラヴィア・プラハ(勝ち点2)

【グループG】
1位 ライプツィヒ(勝ち点9)
2位 リヨン(勝ち点7)
3位 ゼニト(勝ち点4)
4位 ベンフィカ(勝ち点3)

【グループH】
1位 チェルシー(勝ち点7)
2位 アヤックス(勝ち点7)
3位 バレンシア(勝ち点7)
4位 リール(勝ち点1)

関連記事(外部サイト)