18歳ロドリゴがハット達成! レアル、長友先発のガラタサライに6発大勝

18歳ロドリゴがハット達成! レアル、長友先発のガラタサライに6発大勝

ハットトリックの活躍を見せたロドリゴ [写真]=Getty Images

 チャンピオンズリーグ・グループステージ第4節が6日に行われ、レアル・マドリードと日本代表DF長友佑都所属のガラタサライが対戦した。長友は左サイドバックで先発した。

 試合は開始早々に動く。4分、左サイドからマルセロがクロスを上げると、ファーサイドでフリーとなっていたロドリゴが切り返しから左足のシュートを流し込み、レアル・マドリードが先制した。さらに直後の7分、再びマルセロがクロスを入れると、ゴール前のロドリゴが今度はヘディングで合わせて2点目をマーク。14分にはトニ・クロースがファウルを受けて得たPKをセルヒオ・ラモスが落ち着いて決めた。

 止まらないレアル・マドリードは45分、ロドリゴが高い位置でボールを奪い、ゴール前へラストパス。これをカリム・ベンゼマが難なく流し込み、4ゴールを奪って前半を折り返した。

 後半は得点が生まれないまま時間が経過したが、終盤の81分にダニエル・カルバハルのクロスにベンゼマがダイレクトで合わせて5点目をマーク。さらに後半アディショナルタイム2分にはスルーパスに抜け出したロドリゴがハットトリック達成となるゴールで締めくくり、レアル・マドリードが6−0で勝利を収めた。なお、長友は88分までプレーした。

 次節、レアル・マドリードはパリ・サンジェルマンと、ガラタサライはクラブ・ブルージュと、それぞれホームで対戦する。

【スコア】
レアル・マドリード 6−0 ガラタサライ

【得点者】
1−0 4分 ロドリゴ(レアル・マドリード)
2−0 7分 ロドリゴ(レアル・マドリード)
3−0 14分 セルヒオ・ラモス(PK/レアル・マドリード)
4−0 45分 カリム・ベンゼマ(レアル・マドリード)
5−0 81分 カリム・ベンゼマ(レアル・マドリード)
6−0 90+2分 ロドリゴ(レアル・マドリード)

関連記事(外部サイト)