右足首脱臼骨折のA・ゴメス、無事退院を報告「全てうまくいった」

右足首脱臼骨折のA・ゴメス、無事退院を報告「全てうまくいった」

無事退院を報告したA・ゴメス [写真]=Getty Images

 エヴァートンに所属するポルトガル代表MFアンドレ・ゴメスが、自身のツイッターで無事退院したことを報告した。

 A・ゴメスは3日に行われたプレミアリーグ第11節トッテナム戦に先発出場したが、78分にFWソン・フンミンのタックルを受けると、その勢いのまま相手DFセルジュ・オーリエに衝突。右足首があらぬ方向に曲がり、近くの選手たちや観客たちは目を背けるほどの深刻なケガを負い、担架で運び出されていた。病院に直行した同選手は右足首の脱臼骨折と診断され、4日に手術を受け無事成功したことが発表されていた。

 同選手は自身のツイッターを更新し、「みんな知っているように全てうまくいった。僕はもうすでに家族とともに自宅にいる。たくさんのサポートやメッセージ、そして勇気をくれた全ての人たちに感謝している。ありがとう」と語り、無事を報告した。

 なお、イギリスメディア『スカイスポーツ』によると、A・ゴメスが復帰するまでには6カ月から1年かかることが予想されている。今後はエヴァートンのメディカルスタッフとともにリハビリを継続する予定となっている。

関連記事(外部サイト)