ペップから批判も…冗談で返すマネ「PKもらえるならまたダイブする」

ペップから批判も…冗談で返すマネ「PKもらえるならまたダイブする」

グアルディオラ監督に反論したマネ [写真]=Getty Images

 リヴァプールに所属するセネガル代表FWサディオ・マネが、マンチェスター・Cを率いるジョゼップ・グアルディオラ監督からの批判に反論した。6日、イギリスメディア『スカイスポーツ』が伝えている。

 2日に行われたプレミアリーグ第11節アストン・ヴィラ戦で、マネは故意にペナルティーエリア内で倒れたとしてイエローカードを掲示された。この行為にグアルディオラ監督は「彼はダイブをすることがある。そして、試合の最後の最後で信じられないようなゴールを決める才能も持っている。彼には様々な能力があるよ」とマネについて言及した。

 この発言を受けてリヴァプールのユルゲン・クロップ監督は「後ろからの接触はあったからダイブではないと考えているけど、判定は受け入れなければならないね」と擁護するなど、10日に行われるリーグ第12節での直接対決を前に早くも“場外戦”が勃発している。

 グアルディオラ監督の批判を受けたマネは「もしPKになるなら、僕はまたダイブするよ。ダイブしてPKが貰えるならするよ。当然だろ?」と冗談交じりにコメントしつつ、次のように主張した。

「でも、ユルゲンが言ったことが正しいよ。僕はダイブなどしない。あれは明らかにコンタクトがあった。もしかしたらPKではなかったのかもしれない。だから、PKは与えられず、彼(審判)はイエローカードを提示した。正直言って僕に何も問題はないよ」

「でも僕はこれを続けていきたいと思っている。PKを獲得すればそれはPKだ。違うならばそれまでだ。僕は自分のプレースタイルやこのやり方を変えていくつもりはない。唯一言えることはチームのために全力を尽くして助けたいというだけだ」

関連記事(外部サイト)