東京Vの「ウイイレ部門」にeスポーツ選手権王者のゴラゾー選手、丁寧な配信で人気のひゅーが選手が新加入

東京Vの「ウイイレ部門」にeスポーツ選手権王者のゴラゾー選手、丁寧な配信で人気のひゅーが選手が新加入

加入が発表されたゴラゾー選手(左)とひゅーが選手(右)?東京ヴェルディ

 東京ヴェルディは7日、東京ヴェルディeスポーツ ウイニングイレブン部門に全国都道府県eスポーツ選手権(国体文化プログラム)ウイイレ部門 優勝のゴラゾー選手と、安定した競技力と丁寧な配信で人気を博すひゅーが選手が新たに加入したことを発表した。

【ゴラゾー選手プロフィール】
サッカーの経験が無いにも関わらず、友人の勧めで約10年前からウイニングイレブンに励んだ末、昨年2018年の東京ゲームショーで開催されたウイニングイレブン2019国内最強決定戦co-op※にて、世界大会に出場する選手達と同等の戦いを繰り広げベスト8に輝く。

今年2019年、全国都道府県eスポーツ選手権(国体文化プログラム)ウイイレ部門co-opモードにて見事優勝。持前の話術に加えて天性のエンターテイメント性で観客を魅了し、多数のメディアに取り上げられる。今後はファミコン世代を知る数少ない現役プレイヤーとして競技で世界を目指すと同時に、eスポーツの発展に意欲を魅せており更なる活躍が期待される。 

※3対3で対戦を行うチーム戦モード

【選手コメント】
「どうも〜!この度、東京ヴェルディeスポーツ所属となりました、国体初代チャンピオンのゴラゾーです! ファミコン世代を代表する中年の星として、競技・配信共に全力で臨んで参ります。
応援よろしくお願いします!」

【ひゅーが選手プロフィール】
高校年代にJリーグクラブの下部組織で選手としてプレーした経験をもとに、サッカーへのリスペクトを随所に感じさせる丁寧な解説による動画配信が人気を博す。ウイイレ選手としてのプレー期間は短いにも関わらず安定した競技力を誇り、Toyama Gamers Day Winter2019 ベスト4・GEO杯茨城予選 準優勝など順調な結果を残す。しかし、全国都道府県eスポーツ選手権(国体文化プログラム)では競合ひしめく埼玉予選で惜しくも準優勝。今作は各種大会で悲願の優勝を目指し、自身初の世界大会への出場に期待が掛かる次世代選手。

【選手コメント】
「ウイニングイレブン部門に加入しました、ひゅーがです。サッカーを始めるきっかけである伝統あるヴェルディに競技は変わりましたが加われること大変嬉しく思います。実績の積み重ね、配信活動を中心に東京ヴェルディeスポーツチームの存在価値の向上に貢献して参ります。応援よろしくお願い致します」

★東京ヴェルディeスポーツについて★
2016年からチームを組成。今年2019年よりサッカーと親和性の高いe.Footballを中心に新たなスタートを切り、eスポーツを取り巻くあらゆる周辺市場の知見を選手に還元して世界進出を目指す。
また、伝統あるサッカーチームで培った普及・育成のメソッドをeスポーツ界にも取り入れ、今後世界を目指す選手達の発掘にも力を入れる。

関連記事(外部サイト)