CL出場権を逃せば移籍も…アーセナルFWにバルサ行きの可能性が浮上

CL出場権を逃せば移籍も…アーセナルFWにバルサ行きの可能性が浮上

移籍の可能性が伝えられたオーバメヤン [写真]=Getty Images

 バルセロナが、アーセナルに所属するガボン代表FWピエール・エメリク・オーバメヤンの獲得に興味を示しているようだ。7日に、イギリス紙『メトロ』が報じている。

 今季、アーセナルはなかなか調子が上がらない。プレミアリーグでは5位につけているものの、首位のリヴァプールには「14」も勝ち点を離されている。オーバメヤンはリーグ戦11試合に出場し8ゴールを決めるなど一人気を吐いているが、チームはトップ争いから早くも脱落した感がある。

 ルイス・スアレスの代わりとなるストライカーを探しているバルセロナは、仮にアーセナルが来季のチャンピオンズリーグ出場権を得られなかった場合、オーバメヤンを『カンプ・ノウ』に連れていけると考えているようだ。オーバメヤンは2021年の夏に移籍金なしで他クラブへと移ることができるため、アーセナルが来夏に交渉の扉を開いたとしても不思議ではないという。

 果たして、アーセナルは有能なゴールゲッターを手放すことになるのだろうか。

関連記事(外部サイト)