新星ファティがスペインA代表デビュー? 監督がEURO予選での招集を検討

新星ファティがスペインA代表デビュー? 監督がEURO予選での招集を検討

バルサ史上2番目の若さでトップチームデビューを果たしたファティ [写真]=Getty Images

 スペイン代表のロベルト・モレノ監督は、バルセロナのU−21スペイン代表FWアンス・ファティを11月のEURO2020予選に招集することを検討しているようだ。7日、スペイン紙『マルカ』が報じた。

 予選グループF首位のスペイン代表は、15日にマルタ代表、18日にルーマニア代表とそれぞれホームで対戦する。すでに本戦出場が決定しているという状況のため、モレノ監督は数選手のテスト起用を考えているようだ。

 報道によると、モレノ監督はGKパウ・ロペス(ローマ)とDFラウル・アルビオル(ビジャレアル)のテスト起用を検討している模様。現在好調のFWアルバロ・モラタ(アトレティコ・マドリード)も、およそ5カ月ぶりの代表復帰を果たす見込みだ。また、ファティのほかにも、MFホセ・カンパーニャ(レバンテ)やMFダニ・オルモ(ディナモ・ザグレブ)のA代表初招集が検討されているという。

 現在17歳のファティは、西アフリカに位置するギニアビサウの出身で、幼少期にスペイン南部の都市エレーラへと移住。地元のサッカークラブやセビージャの下部組織を経て、10歳だった2013年にバルセロナの下部組織に入団した。今年8月のリーガ・エスパニョーラ第2節ベティス戦でトップチームデビューを果たすと、9月にはスペイン国籍を取得。10月のU−21欧州選手権予選・U−21モンテネグロ代表戦でU−21スペイン代表デビューを果たした。

関連記事(外部サイト)