「横浜FMの攻撃陣の核」…10月のJ1月間MVPは初受賞のFW仲川輝人

「横浜FMの攻撃陣の核」…10月のJ1月間MVPは初受賞のFW仲川輝人

月間MVPを受賞した仲川 [写真]=Getty Images

 Jリーグは8日、『明治安田生命Jリーグ KONAMI月間MVP』を発表した。

 10月のJ1月間MVPは、横浜F・マリノスのFW仲川輝人が受賞した。10月は2試合の出場で2ゴールを記録。ドリブルからのシュート数では他を上回る5回を記録した。Jリーグ選考委員会の原博実委員は「横浜FMの攻撃陣の核。キレのあるドリブル、シュート、飛び込みで相手のディフェンス陣を混乱に陥れる」と評している。

 初受賞の仲川は「このような栄誉ある賞をいただき大変嬉しく思います。この受賞はチームメイトのパフォーマンスや、チームスタッフ、メディカルスタッフの力があってこそだと思いますので感謝の気持ちでいっぱいです。リーグ戦は残り4試合ですが、全勝する気持ちで臨んでいきたいと思います。ファン、サポーターの皆さんと共に強いマリノスをつくっていきたいと思います」とコメントを残している。

 なお、J2は2カ月連続2度目となるアルビレックス新潟FWレオナルドが、J3はガイナーレ鳥取MF林誠道が同賞を受賞している。

 また、10月の月間優秀監督は横浜F・マリノスのアンジェ・ポステコグルー監督が2019年5月以来二度目の受賞。柱谷幸一委員は「攻撃的なスタイルで優勝戦線に食らいついている」と評価した。

 J2はリカルド・ロドリゲス監督(徳島ヴォルティス)、J3は木理己監督(ガイナーレ鳥取)が受賞している。

関連記事(外部サイト)