バルベルデ監督、クラブとの良好な関係を強調「私をリスペクトしてくれている」

バルベルデ監督、クラブとの良好な関係を強調「私をリスペクトしてくれている」

バルセロナのバルベルデ監督 [写真]=Getty Images

 バルセロナのエルネスト・バルベルデ監督が、自身が率いるクラブについて言及した。8日付けで、スペイン紙『マルカ』が伝えている。

 直近の公式戦2試合を1分1敗で終え、メディアから批判の対象となっているバルベルデ監督だが、同クラブからの手厚いサポートを感じているようだ。また、ジョゼップ・マリア・バルトメウ会長と食事をしたことも明らかにしつつ、以下のように語った。

「私の未来に関して、あまり心配はしていないよ。この前も会長と一緒に食事に行ったからね。クラブはいつも私をリスペクトし、支えてくれているんだ」

「勝てなかった試合が続いており、チームの士気が不安定になっているのは確かかもしれない。でも、こういう時こそしっかりとピッチに立ち、強度を示さなければならないんだ。明日の試合(リーガ・エスパニョーラ第13節セルタ戦)はとても重要な試合になるね」

関連記事(外部サイト)