MF奥埜のゴールでC大阪が勝利! 一方の湘南はJ1残留に向け痛恨の6連敗

MF奥埜のゴールでC大阪が勝利! 一方の湘南はJ1残留に向け痛恨の6連敗

奥埜のゴールに歓喜のセレッソイレブン [写真]=J.LEAGUE

 9日、明治安田生命J1リーグ第31節が行われ、セレッソ大阪と湘南ベルマーレが対戦した。

 6位のセレッソ大阪は前節ホームで松本山雅FCと引き分け、ACL出場圏内まで勝ち点差が8に。一方の湘南はJ1参入プレーオフ圏内の16位で、現在5連敗中。リーグ戦も大詰めに差し掛かり、両チームとも絶対に勝利が欲しい状況でこの一戦に臨んだ。

 まず試合のリズムを掴んだのは、アウェイの湘南。序盤から相手に対して激しいプレッシャーをかけ、またFW指宿洋史の高さを起点として、セレッソゴールに襲い掛かる。しかし、C大阪もDF木本恭生とDFマテイ・ヨニッチの両センターバックを中心に湘南に対抗。前半は両チームスコアレスで折り返す。

 迎えた後半、先制したのはホームのC大阪だった。50分、ペナルティエリア手前からMF奥埜博亮の落としを受けたFW鈴木孝司が左サイドへ展開。これを受けたDF丸橋祐介がドリブルで縦に持ち上がり中央へクロスを上げると、奥埜がバックヘッドで合わせゴールネットを揺らした。

 得点が欲しい湘南はその後、次々と攻撃的な交代カードを切るが、C大阪が集中した守備を披露。結局試合はこのまま動かず、ホームのC大阪が勝利を収めた。

 この結果、勝利したC大阪は勝ち点を51に伸ばし、3位の鹿島と勝ち点6差の5位に浮上。一方の湘南は、J1残留へ痛い6連敗となった。

【スコア】
セレッソ大阪 1−0 湘南ベルマーレ

【得点者】
1−0 50分 奥埜博亮(セレッソ大阪)

関連記事(外部サイト)