A・エレーラ、古巣マンUと比較しつつPSGに言及「サッカーを一番に考えているクラブだ」

A・エレーラ、古巣マンUと比較しつつPSGに言及「サッカーを一番に考えているクラブだ」

PSGに所属するエレーラ [写真]=Getty Images

 元スペイン代表MFアンデル・エレーラが、自身が所属するパリ・サンジェルマン(PSG)について言及した。9日付けで、スペイン紙『アス』が報じている。

 今年の7月、5シーズン過ごしたマンチェスター・UからPSGに移籍した同選手は、パリでの日々に充実感を覚えているようだ。取材に応じたエレーラは、古巣と比較しながら以下のように語った。

「正直なところ、マンチェスターでは信じられないほど幸せだったよ。でも、サッカーがあまり重要視されていないと感じる瞬間があったんだ。はっきりとは分からないけど…マンチェスター・Uにとってサッカーでの問題が最重要ではないように感じたよ」

「クラブの違いについて詳しく話すのはあまり好きではないけど、ここ(PSG)ではどんな時でもサッカーをしているような気がするんだ。一見そうは見えないかもしれないけど、PSGはサッカーを一番に考えているクラブだね」

「僕がトレーニング場に着くと、プロフェッショナルのドクターやトレーナーがすでにそこにいて、仕事を始める準備が整っている。それが全てなんじゃないかな。僕はサッカーに打ち込むだけで十分なんだ」

関連記事(外部サイト)