鳥栖が貴重な勝ち点3を獲得! J1残留を争う松本山雅をホームで退ける

鳥栖が貴重な勝ち点3を獲得! J1残留を争う松本山雅をホームで退ける

松本と対戦した鳥栖は、貴重な勝ち点3を手にした [写真]=J.LEAGUE

 10日、明治安田生命J1リーグが行われ、サガン鳥栖と松本山雅FCが対戦した。

 勝ち点32で15位の鳥栖と、勝ち点30で17位の松本の対戦となったこの試合。J1自動残留ラインを挟んでの一戦は、松本が勝てば鳥栖を抜き去る可能性もあり、J1残留をかけた大一番となった。

 先制したのはホームの鳥栖。13分、敵陣の左サイドでFKを獲得するとFW小野裕二が右足でゴール前へ。このボールに、中央で相手DFの前に走りこんだDF金井貢史が頭で合わせ、ゴールネットを揺らした。鳥栖が貴重な先制点を挙げる。

 負けられない松本は、セットプレーからMF岩上祐三を中心に反撃を試みるが、スコアは動かず。前半は1ー0で折り返す。

 迎えた後半、松本はFW阪野豊史らを投入し、得点への姿勢を強める。しかしホームの鳥栖が試合の主導権を渡さず、松本が決定機を生み出すまでには至らなかった。結局試合は1ー0で試合終了。J1残留に向け、鳥栖が貴重な勝ち点3を手にした。

 一方、痛い黒星を喫した松本は、自動降格圏の17位のまま。次節は、ホームに2位横浜F・マリノスを迎える。

【スコア】
サガン鳥栖 1ー0 松本山雅FC

【得点者】
1ー0 13分 金井貢史(サガン鳥栖)

関連記事(外部サイト)