マリ代表を選択と報道も…スペイン代表、MFアダマ・トラオレを追加招集

マリ代表を選択と報道も…スペイン代表、MFアダマ・トラオレを追加招集

スペイン代表はアダマ・トラオレを追加招集した [写真]=Getty Images

 スペインサッカー協会(RFEF)は9日、EURO2020予選に向けた招集メンバーの変更を発表した。

 ロドリゴ・モレノ(バレンシア)が負傷により不参加となり、MFアダマ・トラオレ(ウルヴァーハンプトン・ワンダラーズ/イングランド)が追加招集された。

 アダマ・トラオレは1996年生まれの23歳。マリ出身の両親の下、スペインのカタルーニャ州で誕生した。バルセロナの下部組織出身で、2013年にトップチームデビューを果たした。その後はアストン・ヴィラなどを経て、昨夏にウルヴァーハンプトン・ワンダラーズへ加入した。今シーズンはプレミアリーグで10試合に出場し、2得点を記録している。

 各年代別のスペイン代表にも招集されていたアダマ・トラオレだが、マリ代表でプレーすることを決意したと報じられており、動向に注目が集まっていた。そんな中、“ラ・ロハ”(スペイン代表の愛称)の一員としてプレーすることが決まった。

関連記事(外部サイト)