鹿島、トレーニング中に負傷したDF小田が手術…治療期間は約2カ月

鹿島、トレーニング中に負傷したDF小田が手術…治療期間は約2カ月

鹿島DF小田が手術

 鹿島アントラーズは10日、6日のトレーニング中に負傷したDF小田逸稀が右半月板損傷と診断され、8日に東京都内の病院で手術を受けたと発表した。治療期間は約2カ月の見込み。

 1998年生まれで21歳の小田は今季の明治安田生命J1リーグでここまで2試合、AFCチャンピオンズリーグで3試合に出場していた。

 第32節で川崎フロンターレに敗れて3位に後退した鹿島は次節、23日に敵地でサンフレッチェ広島と対戦する。

関連記事(外部サイト)