カピタンから夢を絶たれた少年へ…S・ラモス、エイバル戦のゴールを捧げる

カピタンから夢を絶たれた少年へ…S・ラモス、エイバル戦のゴールを捧げる

[写真]=Getty Images

 11月9日のラ・リーガ第13節で乾貴士を擁するエイバルと対戦し、4−0で快勝したレアル・マドリード。チーム2点目はエデン・アザールがペナルティーエリア内で倒されて得たPKをセルヒオ・ラモスが決めたものだったが、カピタン(主将)はこのゴールをある少年に捧げていた。『MARCA』電子版が伝えている。

夢を絶たれた少年。姉の直訴に対し…
 エイバル戦の直前、アイタナ・オリバさんという女性がツイッター上でS・ラモスに対するメッセージを送っていた。それによると、彼女の弟で16歳のヘスス君が網膜剥離を患い、1週間ほど前に手術を受けたという。

 視力はある程度まで回復するようだが、サッカー選手になりたいという少年に夢について、医師からは「忘れたほうがいい」と宣告されてしまったという。

エイバル戦後、本人からメッセージが!

 これを受けてアイタナさんは、生粋のレアルファンであるヘスス君が大ファンだというS・ラモスに対して「彼のリハビリの励みになるように、何らかのメッセージを送ってください」とお願いしていた。

 そしてエイバル戦の試合後、なんとS・ラモス本人から激励のメッセージが届けられた。



「ヘスス、君に僕のゴールを捧げるので、元気を出してほしい。絶対に頭を下げるんじゃない。きっとよくなる。夢を持ち続けるんだ。君の人生にはサッカー以上に素晴らしいことが待っているはずだ。君の仲間のセンターバックより愛を込めて」

 ヘスス君は姉のアカウント上で「ありがとうカピタン! 僕はヘススです。勇気づけられました。ゴールおめでとうございます!」と返信。カピタンの偉大な振る舞いが、少年に元気と勇気を与えたようだ。

関連記事(外部サイト)