ビジャが今季限りでの現役引退を表明 「サッカーに引退させられるのではなく…」

J1ヴィッセル神戸の元スペイン代表FWダビド・ビジャが今季限りで現役引退 

記事まとめ

  • ヴィッセル神戸は元スペイン代表のFWダビド・ビジャが今季限りで現役を引退すると発表
  • ビジャはバルセロナ、アトレティコ・マドリード、MLSニューヨーク・シティを経て加入
  • 「サッカーに引退させられるのではなく自分の意志で引退したいと決めていた」と語った

ビジャが今季限りでの現役引退を表明 「サッカーに引退させられるのではなく…」

ビジャが今季限りでの現役引退を表明 「サッカーに引退させられるのではなく…」

現役引退を表明したビジャ [写真]=J.LEAGUE

 ヴィッセル神戸は13日、神戸市内で記者会見を実施し、元スペイン代表FWダビド・ビジャが今シーズン限りで現役を引退することを発表した。

 ビジャは2001年にスポルティング・ヒホンでプロキャリアをスタートすると、レアル・サラゴサ、バレンシアで活躍し、2010年にバルセロナへ移籍。2010−11シーズンにはチャンピオンズリーグ優勝を達成するなど、数多くのタイトルを獲得した。その後はアトレティコ・マドリード、アメリカMLSのニューヨーク・シティでのプレーを経て、今シーズンからヴィッセル神戸に加入。ここまでリーグ戦26試合に出場し、チームトップの12ゴールを記録していた。

 また、スペイン代表としては通算98試合に出場し、歴代最多の59ゴールを記録。ユーロ2008、2010年南アフリカW杯では得点王に輝く活躍でスペインを優勝に導いた。

 会見に登場したビジャは「この決断は自分の中でも長く考えてきたこと。これまで支えてきてくれた方々とよく考えて決めたもの。コンディションとしては、いいプレーができているし、チームに貢献するゴールも決めることができたと思っている。だが、サッカーに引退させられるのではなく、自分の意志で引退したいと決めていた。今がそのタイミングということで決断に至った」と理由を説明した。

 神戸は23日に明治安田生命J1リーグ第32節でセレッソ大阪と、30日に第33節で鹿島アントラーズと、12月7日に最終節でジュビロ磐田と対戦。同21日には天皇杯・準決勝の清水エスパルス戦を控えている。

関連記事(外部サイト)