ラキティッチが不満を表明も…バルベルデ監督「言うことは何もない」

ラキティッチが不満を表明も…バルベルデ監督「言うことは何もない」

不満を明言したラキティッチ [写真]=Getty Images

 バルセロナを率いるエルネスト・バルベルデ監督が、クロアチア代表MFイヴァン・ラキティッチの発言に言うことはないと語った。13日、スペイン紙『マルカ』が伝えている。

 2014年夏にセビージャからバルセロナに加入後、中心選手として活躍してきたラキティッチだが、今シーズンは出場機会が減少。ここまで公式戦10試合に出場しているものの、先発出場は1試合にとどまっている。

 このような状況に同選手は「おもちゃを取り除かれた小さな女の子は、どう感じるだろうか?今、僕は同じようなことを感じているよ。バルセロナは僕からボールを奪ったんだ」と不満を抱えていることを明らかにしていた。

 この発言を受けたバルベルデ監督だが、「イヴァンの発言について言うことは何もない」とコメント。「それはただ単に不便なだけだと思う。我々は次の試合も彼がともにいてくれることを期待しているよ」と戦力に数えていることを強調した。

関連記事(外部サイト)