名古屋U−18がJユースカップ王者に! G大阪ユース下し8年ぶりの優勝

名古屋U−18がJユースカップ王者に! G大阪ユース下し8年ぶりの優勝

名古屋グランパスU−18がJユースカップで優勝を果たした

 2019Jユースカップ 第27回Jリーグユース選手権大会決勝が17日に行われ、ガンバ大阪ユースと名古屋グランパスU−18が対戦した。

 先手を取ったのは、名古屋グランパスU−18だった。32分、榊原杏太がペナルティエリア内で倒されてPKを獲得。自らキッカーを務めた榊原が冷静にGKと逆のゴール左に沈めた。さらに43分、相手陣内でボールを奪うと、最後は村上千歩が左足で流し込み、名古屋グランパスU−18が追加点を挙げた。

 後半に入り89分、牛澤健がボックス内でシュートを放つと、ボールは相手にあたり、GKの頭上を越えてゴールに吸い込まれ、名古屋グランパスU−18がリードを3点に広げた。後半アディショナルタイムには岡崎流也がヘディングシュートでゴールネットを揺らし、ダメ押しの4点目をマークした。

 G大阪ユースは最後までゴールをこじ開けられず、 名古屋グランパスU−18が4−0で勝利を収め、8年ぶり2度目の優勝を飾った。

【スコア】
ガンバ大阪ユース 0−4 名古屋グランパスU−18

【得点者】
0−1 32分 榊原杏太(PK/名古屋グランパスU−18)
0−2 43分 村上千歩(名古屋グランパスU−18)
0−3 89分 牛澤健(名古屋グランパスU−18)
0−4 90+2分 岡崎流也(名古屋グランパスU−18)

関連記事(外部サイト)