2試合で9名入れ替え! 狙うは勝利と日本代表の底上げ!!

2試合で9名入れ替え! 狙うは勝利と日本代表の底上げ!!

森保一日本代表監督

11月6日、『2022FIFAワールドカップ アジア2次予選』キルギス戦、『キリンチャレンジカップ2019』ベネズエラ戦に臨む日本代表メンバーが発表された。堂安律、久保建英らは前日に発表したU-22日本代表に名を連ね、キルギス戦からベネズエラ戦は9名の選手を入れ替える異例の代表編成となった。森保一監督は「キルギス戦は厳しい環境の中でも2次予選を有利に進める結果を目指し、ベネズエラ戦は新たな戦力として戦術などを理解してもらう活動にしたい」とそれぞれの目的を語った。

さらに指揮官は『W杯2次予選』での課題を「タジキスタン戦で相手のプレッシャーが強い時間帯で難しい戦いを強いられたが、攻撃のクオリティを上げていかなければいけない。攻から守の切り替えで圧力をかけられずに後手を踏んだ場面もあったので、迫力ある守備をしなくてはいけない」と挙げた。『キリンチャレンジカップ』では今後を見据え「ベネズエラ戦ではこれまでなかなか招集できなかった選手、初招集の選手の経験値を上げて、個のレベルアップ、チームのレベルアップをしていきたい」と代表の底上げを狙う。

日本代表のメンバーは以下の通り。
【GK】川島永嗣(ストラスブール)、権田修一(ポルティモネンセ)、シュミット・ダニエル(シントトロイデン)※1、中村航輔(柏)※2
【DF】長友佑都(ガラタサライ) ※1、吉田麻也(サウサンプトン) ※1、佐々木翔(広島)、車屋紳太郎(川崎F)※2、酒井宏樹(マルセイユ) ※1、室屋成(FC東京)、植田直通(セルクル・ブルージュ)、三浦弦太(G大阪)※2、安西幸輝(ポルティモネンセ) ※1、畠中槙之輔(横浜FM)、進藤亮佑(札幌)※2、荒木隼人(広島)※2
【MF】山口蛍(神戸)、原口元気(ハノーファー)、柴崎岳(デポルティボ)、大島僚太(川崎F)※2、遠藤航(シュツットガルト)※1、伊東純也(へンク)※1、橋本拳人(FC東京)、中島翔哉(ポルト)、浅野拓磨(パルチザン)、南野拓実(ザルツブルク)※1、古橋亨梧(神戸)※2、鎌田大地(フランクフルト)※1、井手口陽介(G大阪)※2
【FW】永井謙佑(FC東京)、鈴木武蔵(札幌)、オナイウ阿道(大分)※2
※1=キルギス戦のみ招集、※2=ベネズエラ戦のみ招集。

『2022FIFAワールドカップ アジア2次予選』兼『AFCアジアカップ2023予選』キルギス戦は11月14日(木)・ドレン・オムルザコフ・スタジアム、『キリンチャレンジカップ2019』ベネズエラ戦は11月19日(火)・パナソニックスタジアム吹田にてキックオフ。日本代表はキルギス戦から11月6日に発表となった新ユニフォームを着用する。