堂安は無得点で途中交代、PSV敗れる…欧州L

 【ロンドン=岡田浩幸】サッカーの欧州リーグ(EL)は7日、グループリーグ第4節が行われ、MF堂安律が所属するD組のPSVアイントホーフェン(オランダ)はアウェーでリンツ(オーストリア)に1―4で敗れた。先発した堂安は64分に途中交代し、無得点だった。L組は、FW浅野拓磨が69分までプレーしたパルチザン・ベオグラード(セルビア)がアウェーでマンチェスター・ユナイテッド(イングランド)に0―3で敗れた。

 菅原由勢のAZアルクマール(オランダ)はアウェーでアスタナ(カザフスタン)に5―0で快勝し、菅原は61分から出場して無得点。F組は、MF長谷部誠とMF鎌田大地のフランクフルト(独)がスタンダール・リエージュ(ベルギー)に1―2で敗れ、長谷部はフル出場、鎌田は62分から途中出場した。