【サッカーの女子W杯】なでしこジャパンが勝利 先制点の岩渕真奈「ホッとした」

記事まとめ

  • サッカー女子ワールドカップ1次リーグで、なでしこジャパンがスコットランドを破った
  • 先制点を決めた岩渕は試合後、「勝つことに集中していたのでホッとしている」と話した
  • 「まだまだ物足りない部分もたくさんあるが今日は素直に勝って良かった」とも語った

なでしこジャパン、スコットランドに勝利 サッカー女子W杯

 サッカーの女子ワールドカップ(W杯)フランス大会で14日、1次リーグD組の日本代表「なでしこジャパン」はスコットランドとレンヌで対戦し、2−1で勝利した。通算1勝1分けとして勝ち点を4に伸ばした。

 日本は前半、岩渕が右足で豪快なミドルシュートを決めて先制。さらに菅沢が倒されて得たPKを自ら決め、貴重な追加点をもたらした。後半は1点を返されたものの、逃げ切った。

 初戦で日本はアルゼンチンと0−0で引き分けていた。国際サッカー連盟(FIFA)ランキングは日本が7位、スコットランドが20位。19日(日本時間20日)の最終戦で、同3位のイングランドと顔を合わせる。

関連記事(外部サイト)