【シュウペイcolumn】画面に映る三笘選手の独り言。あれ、なんて言っていたのかなぁ

【シュウペイcolumn】画面に映る三笘選手の独り言。あれ、なんて言っていたのかなぁ

巧みな裏抜け&トラップでアルゼンチンからゴールを奪った林。「技術の高さがうかがえるゴールだったと思います」。代表撮影:日本雑誌協会



 どもー! ぺこぱのシュウペイです!

 これから『サッカーダイジェストweb』でコラムを連載することになりました。Jリーグや日本代表、海外サッカーなど、不定期ながらユル~くやっていくので、ぜひ読んでおくんなましー。

 第1回目は、先日のU-24日本代表のアルゼンチンとの2戦目、そう、3-0で完勝したゲームについてです。

 1戦目は0-1の敗戦。日本は前半、なんとなくゲームの感覚を掴むのがちょっと遅かったのかなという感じで、でも後半に修正して、ノリノリでパスをつないだりとかできていました。アルゼンチンの身体の強さ、球際の激しさが印象的でしたけど、2戦目は日本も強く行けていたし、前線からのアプローチも効いていましたよね。

 球際でお互いに激しくバトルするなかで、日本はしっかりとキープできていた。そこは大きかったと思います。たとえば久保選手にボールが入れば、周りがすぐ動き出してパスをつないだりとか。久保選手が仕掛ける時もあれば、囮になる時もある。左右からの攻撃も目立っていて、中央からも崩す。いろんなところから、いろんな形で攻撃を仕掛けることができていましたよね。

 金メダル候補と言われるアルゼンチンに対して、テクニック的に日本は全然負けていなかったし、むしろ圧倒していた感も。1戦目は相手のパススピードが速かったけど、2戦目では逆に日本が思うようにボールを動かしていた。アルゼンチンも焦ったはずで、アフター気味のファウルとかありましたからね。精神的にも追い詰めることができていたんじゃないでしょうか。

 U-24の選手たちは、全ポジション、みんな足もとが上手い。日本らしいサッカーを表現しながら、随所に際立つプレーを見せていたと思います。

 そして45分に先制点が生まれる。瀬古選手のロングフィードに林選手が抜け出し、巧みなトラップでボールを収めて、GKとの1対1を制す。

 僕も学生時代はFWでしたけど、その経験から言えば、ボールが前線に届くまでの間の動き出しやポジションの取り合いで、相手DFに身体をバンとぶつけられると、その後のトラップも上手くいかなくなるんですよね。
 
 でも、林選手の得点シーンではそうはならず、上手く動き出して、追いかけてくる相手の前に入るようにトラップして、最後はコースを狙ってシュート。技術の高さがうかがえるゴールだったと思います。

 ニアを抜いたシュートも、そのコースは絞って消していた相手GKからすれば「え、そこ狙うの!?」と思ったはず。林選手が駆け引きに勝った形ですよね。
 

 僕も裏に抜けるのが好きでしたけど、トラップがどうも……。抜け出して、そのままの勢いでシュートとかならいいんですが、林選手のように後ろからのボールをトラップして、ってなると、たぶん、自分はボディバランスを崩して、おっとっと、となって、ぐちゃぐちゃになる(笑)。

 日本はその後、後半にコーナーから2得点。どちらもヘッドで決めた板倉選手は素晴らしかったし、なによりも久保選手のキック。あれはえぐかったなぁ。あんなに曲がるのか、と。とくに3点目を演出したキックですね。一度、ゴールのほうに向かって、そこからグイんとカーブがかかる。もう一回言いますけど、あれは、えぐすぎます。

 得点場面以外でも、日本はポゼッションで相手を上回っていたと思いますが、ボランチの田中碧選手は存在感ありましたね。僕はフロンターレが好きだから、田中碧選手のプレーは普段からよく見ていて、代表チームでもいつも通りのパフォーマンスを披露していたと思います。相手を潰せるし、展開力もある。もうね、A代表でも全然、やれるんじゃないかってぐらいの活躍ぶりでした。

 同じくフロンターレの三笘選手は、2戦目は後半の少ししかピッチに立てませんでした。先発した1戦目は相手の厳しいマークもあり、突破する場面がなかったわけではありませんが、見せ場は少なかったかもしれません。もっとできたはずだし、本人としても納得していないんじゃないかな。

 とはいえ、世界に出れば、あれぐらいのマークはスタンダードという感じもします。そこをメッシとかは切り裂いていく。三笘選手にも、いずれはそんな活躍を期待しています。

 1戦目でベンチに下がったあと、画面に映る三笘選手の表情、悔しそうでしたよね。ぼそっと独り言を言っていたような気がします。あれ、なんて言っていたのかなぁ。

 本人としても“こんなもんじゃない”という想いはあったはず。この経験を糧に、さらに自慢のドリブルの技術に磨きをかけていってほしい。結果は残せなかったかもしれませんが、今後の成長につながる一戦だったと思います。

【U-24日本代表PHOTO】裏に抜け出し貴重な決勝ゴール!代表初招集で初ゴールをあげた林大地!

【U-24日本代表PHOTO】コーナーキックからヘディングで2得点!キャプテンとしてチームを牽引した板倉滉を特集!

【PHOTO】U-24日本3-0U-24アルゼンチン|林と板倉のゴールで見事にリベンジ!今後の自信へと繋がる勝利に!

PROFILE
シュウペイ/1987年7月16日、神奈川県出身。180センチ・70キロ。A型。お笑いコンビ「ぺこぱ」のボケ担当。幼少時からサッカーを始め、高校は神奈川の強豪・麻布大附属渕野辺高(現・麻布大附属高)に進学し、全国大会も経験。同校では小林悠(現・川崎)や太田宏介(現パース・グローリー)などがチームメイトだった。高校卒業後、アルバイトなどを経て、08年に松陰寺太勇と「ぺこぱ」を結成。09年にM-1グランプリで決勝進出。現在はテレビ、ラジオ、CM、雑誌など幅広く活躍中だ。元FW。サンミュージックプロダクション所属。
 

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?