元高校選手権優勝キャプテンの葛藤… 名門大学を経てJ内定を掴んだ田部井涼が「サッカーエリート」から脱却する日

元高校選手権優勝キャプテンの葛藤… 名門大学を経てJ内定を掴んだ田部井涼が「サッカーエリート」から脱却する日

前橋育英高時代に同校を選手権初優勝に導いたキャプテンの田部井。法政大を経て来季の横浜FC入団が内定している。写真:サッカーダイジェスト



 4月5日、法政大のMF田部井涼が来季、横浜FCに入団することが内定した。田部井と言えば、4年前の全国高校サッカー選手権大会において前橋育英のエースナンバー14を背負い、キャプテンとして同校に初の優勝旗をもたらした。兄・悠(早稲田大)と共に田部井ツインズとして名を馳せた彼ももう大学4年。彼のプロ内定には驚きはないが、リモートインタビューを行ない、じっくり話を聞くと、その決断の裏には『エリート』と見られてきた彼の人知れぬ葛藤があった。

 1999年6月25日に群馬県で悠と共に生まれた涼は、地元の図南SC前橋でサッカーを始め、中学時代は強豪・前橋FCでプレー。兄弟揃って前橋育英に進むと、基礎技術が高く、好不調の波も少ない落ち着いたプレースタイルと抜群のキャプテンシーを評価され、高3でチームの象徴的な番号である14番とキャプテンを任された。

 キャプテンで14番は3学年上の先輩の鈴木徳真以来で、最後の選手権ではその鈴木世代が成し遂げた選手権準優勝を塗り替えて、伝統校に新たな歴史を刻んだ。チームメイトのDF松田陸、渡邊泰基(現・ツエーゲン金沢)が高卒プロに進む中、関東1部の強豪・法政大に進学をすると、2年時から出番を掴み、昨年は14番を背負って攻守の中心となった。一見、順風満帆に見える歩みだが、彼にはずっと抱えてきた悩みがあった。

「僕って周りからは優等生とか、エリートって言われるのですが、逆にそれが僕のマイナス面だと思うんです」

 確かに彼のプレーは堅実だ。ミスが少なく、戦術理解度も高く、チームのバランスを最後まで考えてプレーをしてくれる。監督としてみれば、必ず1人はピッチに置いておきたい存在であることは間違いない。

 だが、忠実にできる、計算できるという言葉には、「驚きがない」、「想像を超えてこない」という相反する言葉も内在する。

「昔からやんちゃな悠の一歩後ろに下がって、全体の様子を見渡すような性格でした。なので、サッカー面でも『俺が、俺が』ではなく、みんなをサポートして輝かせるのが僕の仕事だと思っていた。中学時代からそのプレースタイルに将来的に『このままでプロになれるのかな』と不安は常に持っていたけど、選手権に優勝して、法政大に入ることができて、どこか自分で『これでいいんだ』と思っていた。いや、自分に言い聞かせていた」
 

 だが、再び彼の中で、『俺はこのままでいいのか?』と思い始めたのは、他ならぬ彼と親しい同級生の存在だった。

 前橋育英高でのチームメイトで、プロからオファーをもらいながらも筑波大に進学をしたDF角田涼太朗は、1年時からレギュラーを掴み、その年の関東1部の新人王に輝いた。さらに昨年には早くもJ1の5クラブの争奪戦の末に一昨年の王者・横浜F・マリノスに加入が内定した。

 そして、同じ法政大でダブルボランチを組むMF松井蓮之は出番を掴むのが田部井よりも後だったが、昨年1年間で周囲も驚くほどの急成長を遂げて、1月に来季の川崎フロンターレ内定を手にした。

「高校の時からずっと涼太朗は自分の上にいる存在だと思っていました。それは大学に入ってからも変わりません。涼太朗はサイドバックなら攻撃参加とクロスの精度が抜群だし、CBならフィードと対人、ラインコントロールが抜群で、特徴がどのポジションでもしっかりと出せる。蓮之に関しては入学した時から物凄く能力の高い選手と思っていましたが、昨年終わりにかけての急成長は本当に焦りましたね。周りも驚いていたけど、常に隣にいる僕が一番感じたと思います。ボール奪取力だけじゃなく、ビルドアップもゲームメイクも追い越された気持ちになった」

 じゃあ、自分はどうなのか。その問いに対する自分の答えは、なんでも平均点以上の点数は取れるが、周りの想像を超えるようなプレーや、突き抜けた特徴がないというものだった。「危機感しかなかった」と自分の現状に苦しむ中、このモヤモヤからの脱却のヒントを掴めたのが、2月に参加をした横浜FCのキャンプだった。

「スカウトの福田健二さんから『もっとアタッキングエリアに飛び込んでいってほしい』『CBの位置まで落ちてボールを受ける時も、パスではなくドリブルで持ち出して展開して欲しい』と具体的なアドバイスをもらって、それを意識してやるようになりました。キャンプではセレッソ大阪との練習試合にも出させてもらって、相手に高校の先輩である坂元達裕さんや清武弘嗣さんなどがいて、積極的に前に出ることを意識してプレーをしたら手応えを得ることができた。前への推進力が出れば、相手にとっても怖い存在になれると思った」
 

 散らして、カバーをして、リスクを負わずに無難にプレーするのではなく、よりゴール方向に圧力をかけるプレーこそ、自分の持ち味である基礎技術の高さと戦術理解力をより活かすことができる。プロ選手になり、よりステップアップしていくための方向性が明確になったことで、迷いは徐々に覚悟に変わっていった。

「昨年は蓮之に自分の足りないところを補ってもらえていた。だからこそ、今年は僕が守備でハードワークして蓮之をより前に出してあげたいし、そこからさらに蓮之を追い越してボールをもらって、アタッキングエリアに飛び込んで行ってフィニッシュワークに関わりたい。チームを助ける堅実なプレーをしながらも、攻守においてダイナミックなプレーをすることこそ、僕が『ただの優等生』から脱却する方法だと思います」

 キャンプ参加後、すぐに横浜FCからのオファーがあった。その後、3月にジュビロ磐田の練習参加をし、清水エスパルスからも練習参加の打診が届いた。だが、最終的には自分に大きな気づきを与えてくれた横浜FCへ行くことを決めた。

「これからは法政大のキャプテンとして、横浜FC内定選手として、自覚と責任を持ちながら自分をきちんと表現していきたいと思います」

 横浜FCは下平隆宏監督が解任されるなど、今苦しい状況にある。だが、田部井はこの苦境でどうしたらチームのために自分が貢献できるかを真剣に考え、その苦しみを味わう覚悟もできている。やはり彼の実直さはずっと変わらない。そこに新たな『我』を加えて階段を登ろうとする彼なら、きっと望む姿を手にできるはずだ。

取材・文●安藤隆人(サッカージャーナリスト)

関連記事(外部サイト)

×